Search

LIVE LIKE A TRAVELER

旅するように暮らす

【ヨーロッパ周遊個人旅行記2】ルーブル美術館、音声ガイドは任天堂の3DS!


ヨーロッパ旅行第2弾です!
パリ到着早々、チェックイン前に、ガル・デ・ノール駅に荷物を置いて、ルーブル美術館に行って来ました。ルーブルは本当に凄まじい場所!


ってか、パリの地下鉄落書き多いなw


↑側面から見たルーブル美術館

ルーブルの地下にはショッピングエリアがあります。

地上に出ると素敵な公園が!


ウェディングの撮影もやってました。ロシアや中東あたりから撮影にくる人も多いそうです。

美術館に入るには、やっぱり長蛇の列が!といっても、まぁまぁ進むので30分くらいだったかなぁ?

(今回使わなかったのですが、ミュージアム・パスを買っていくと並ばず入れるそうです)

ガラスのピラミッドの下には日本のアーティストの作品が!

音声ガイドを借りてみました。(仕事で拝観アプリを担当したことから、できるだけ使ってみるようになりました)任天堂が作ってるんですね!びっくり!

音声ガイドは5€で借りられます。


ナビ機能もあって多機能です。

現在地がわかるので便利。首からかけるタイプで、両手がふさがる感覚があるので、荷物は最小限がベターですね。(日本人の感覚からしたら驚くべきことですが、館内写真okですので!スマホも手に持ってるからワチャワチャ半端ないw)

音声解説はもちろん日本語対応なのですが、冒頭はフランス語で、被さるように日本語がインしてくるんですね。全て学芸員さんの解説という形になっています。フランスへのリスペクトすごい!
さすがに全収蔵品ではないんですが、番号がついている展示の解説を聞くことができます。

中のカフェも、さすがにオシャレ!

カフェによって値段も違いますね。サンドイッチだけでよかったら、建物中央のピラミッド下のスタンドが1番安かったです。
ルーブルは、3つの翼で構成されているので、その翼に入る前のところですね。(ドゥノン翼、リシュリュー翼、シュリー翼の3つの翼があります)

今回は、ドゥノン翼のCafé Mollien (カフェ・モリアン)でサンドイッチを。
テラス席もあります!




美味しかったです!でも、隣の人が、「英語話せる?」って聞いてきて「はい」と言ってしまったら、わざわざ食べ物の文句を言ってきたw
いや、美味しかったけどw普通にw
パリでは、「英語話せる?」っていうのは危険なキーワードらしいw街なかだと寄付?とか署名を求められることもあるので、お気をつけて。

有名なモナリザはドゥノン翼に

やっぱりドゥノン翼が1番賑わってますね。

サモトラのニケもここにあるよー!見逃せませんね。

モナリザに近づくにつれ、さらに混雑。モナリザ自体もすごいと思うのですが、この作品に、こんなに世界中の人が集まってくることがすごいと思ってしまう。

モナリザの前で、ビデオチャットしとる人おったしなwコラコラww
「父さーん!僕たち、今、どこにいると思う?モナリザ見てるよー!」
←親子、仲良いww

結構、そういうノリ好きです。むしろ、日本にいたらそういうノリに出会えへんから、むしろそんな瞬間が海外行く意味みたいになってるw

ルーブルのゆるい作品とお気に入りたち

華やかな美術品の中にも、なぜか、ちょっとゆるめな方々が。


かわいい!ライオンです。緑なので、なんかカエルみたいに見える。ちょっと気の弱い表情がかわいい。

鯛。地中海の遺跡コーナーで発見。

黒鯛。

他にも、圧巻のアートたちをどうぞ。

パリ編、続きます!

R@LLT

旅するように暮らしたい…そんな気持ちで始めたブログです。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2018 LIVE LIKE A TRAVELER . All Rights Reserved.